2017年05月19日

噛まれたら最後?超危険なワニガメの正体とはについて

噛まれたら最後?超危険なワニガメの正体とは
体長約70センチで頭が人間の拳ほどもあるワニガメが 栃木市にある渡良瀬遊水地のそばの駐車場で見つかり、遊水地を管理する国交省の職員に捕獲されて警察に引き渡された。 ワニガメはアメリカ原産で、カミツキガメの一種。飼育には許可が必要だが、警察は、近くの川に捨てられたカメが遊水地に流れ着いた可能性もあるとみている。 ワニガメの正体とは?調べてみました。

ボルダリングコンという婚活がいけてる
ボルダリングコンという婚活がいけてるので情報をまとめてみました。

都立高校の約6割で地毛証明書を提出とは
東京の都立高校の約6割が、生徒が髪の毛を染めたりパーマをかけたりしていないか、生まれつきの髪かを見分けるため、一部の生徒から入学時に「地毛証明書」を提出させていることがわかった。地毛証明書はどういうものか、まとめてみました。

posted by matomailbiz at 17:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: